環境設定 数値 文字列 正規表現 リスト タプル 集合 辞書 ループ 関数 クラス データクラス 時間 パス ファイル スクレイピング その他

for文の終わりに特定の処理をする(elseの使い方)

for はくりかえしの処理を行いたいときに使います。else を for のあとに書くと、for のループが終わったとき、else のプログラムがかならず実行されます。

a = ['apple', 'grape', 'melon']

for x in a:
    print(x)
else:
    print('処理は終わりました')

出力

apple
grape
melon
処理は終わりました

Python ループ