mathpython thesaurus

広告

中級以上のアフィリエイターとブロガーはレンタルサーバーにエックスサーバーを選ぶ

一定以上のページビューを稼ぐアフィリエイターとブロガーにとってエックスサーバーは(たぶん)御用達で、このメディアもエックスサーバーで運用されています。筆者は複数のサイトをエックスサーバーで運用していますが、負荷で落ちたことはありません。

この記事を読んでいる方は、おそらくすでにレンタルサーバーを調べて、どのレンタルサーバーにするか比較する段階にいると思いますが、お世辞でもなんでもなく、エックスサーバーは普通にすばらしいです。

サイトの運用で一番困るのは不安定さと遅さ。安くても安定しないサーバーはボツ。安くても遅いサーバーはもっとボツ。どことは言わないけど、そういうサーバーはあることにはあります。エックスサーバーはそこそこ安くて、非常に安定して高速です。試しにこのサイトの表示速度を Google Page Insight などで計測してください。爆速ですよ。

エックスサーバーのいいところ

エックスサーバーのいいところは 5 つです。

  • 安定
  • (たぶん超)高速
  • 安い
  • ドメインを登録しやすい
  • 簡単に https にできる

くりかえしになりますが、安定&高速はレンタルサーバーの必須条件。そしてエックスサーバーは安い。エックスサーバーはドメインを簡単に登録できますが、複数のドメインも可能。

そしてエックスサーバーは簡単に https にできます。ちなみに https は SSL のプロトコルで、ブラウザでドメインを確認したときに緑色の鍵マークが出たら SSL です。

いまだに https を有料オプションにしているサーバーもありますが、エックスサーバーは無料。というのも Let's Encrypt に対応しているからなんですよ。Let's Encrypt は無料の https ですが、今はほとんどのレンタルサーバーが Let's Encrypt に対応しています。逆に Let's Encrypt 非対応、つまり https を有料にしているサーバーはインフラ技術が未熟で、サービスレベルが低いと言っていいでしょうね。

どうして中級以上のアフィリエイターとブロガーはエックスサーバーを使うのか?

おそらく「昔から使っているから」という理由が一番だと思います。要はエックスサーバーの操作パネルに慣れているのです。

レンタルサーバー業界は昔から厳しくて、淘汰の激しい世界です。国内でも海外でもかなりの会社がこれまで消えています。結局レンタルサーバーはコモディティ(差別化しにくい商品)なので、ちょっと安いレンタルサーバーが出てきたら客が奪われてしまう。

エックスサーバーは昔からあるサービスですが、どうして今日まで存在しているかというと、たぶん安定しているからです。安定というのは中級以上のアフィリエイターやブロガーにとって本当に大切なポイントなのです。

考えてみてください。あるレンタルサーバーで運用しているサイトが毎日 1 万円の収益を出しているとしてください。それがある日突然落ちて、数日間サイトがろくに機能しなかったとします。きっと怒りを覚えますよ。というか、怒り爆発しますよ。

365 日のうち 2 日でもサイトは落ちてはいけない。稼ぐというのは、毎日稼ぐということなのです。電車も 1 日くらい止まることはありますよね。でも何日も運休することはほとんどない。自然災害だったらしょうがないですが、電気の故障で電車がずっと止まっていたらうんざりしませんか?

安定。エックスサーバーはとにかく安定している。だから使う。月額にするとエックスサーバーより安いレンタルサーバーはあるかもしれないけど、どうでしょうね。筆者は正直いい気持ちで運用したことはあまりありませんね…。

最初は激安レンタルサーバーで運用して、後からエックスサーバーに引っ越せばいいじゃない?

それはすごくダメな方針です。サーバーの引っ越しというのは想像している以上に難しい。

もし 1 日 100pv くらいのブログだったら、マニュアルをしっかり読んで数日のうちに引っ越しできるかも。その間、ドメインの DNS エラーといった不測の事態に陥ることはあるにしても、たかが数日の辛抱。

でもこれが中級以上だとどうなるか? さっき言ったとおり、数日のエラーは言語道断なのです。そして引っ越しにエラーはつきもの。サーバーを引っ越すときは、すべてのデータをもれなく移動しないといけません。画像もすべて、JavaScript といった細かいファイルもすべてです。そしてドメインの DNS も適切に変更する必要があります。これがかなりの精神的苦痛。経験すればわかります。

なので、引っ越すなんて最初から考えないでください。そのためには最初からエックスサーバーにすればいいのです。ワンコインでお手軽オンボロサーバーを借りて、後でエックスサーバーに乗り換えるなんて発想はダメ! ダメ、絶対。

ここまでいって、まだ他のレンタルサーバーにする?

他にもレンタルサーバーはあるけど、WordPress を運用したい方は素直にエックスサーバーを選ぶといいですね。専門的なことだけどエックスサーバーは Nginx を使っています。さっき言いませんでしたが、この Nginx が実はミソ。エックスサーバーじゃないレンタルサーバーにしたいという天の邪鬼のあなたも、さすがに Nginx だけは確認してくださいね。

Nginx は最先端のサーバーです。といっても、世界的にはぜんぜん最先端じゃありません。ただ国内のレンタルサーバーはいまだに Nginx じゃない、昔の Apache だけを使っているところがあります。これを読んでいる方は Nginx に対応したレンタルサーバーを絶対に選んでください。Nginx はありませ〜ん、有料オプションで〜す、なんてレンタルサーバーは技術レベルがかなりやばい。絶対に契約してはいけない。

あのアフィリエイターやブロガーは別のレンタルサーバーを勧めていたけど…

くりかえしになりますが、他にもいいレンタルサーバーはあると思います。ただ、筆者は Python はもちろん、プログラミングとインフラに精通した技術者です。ただのブロガーではありません。Nginx の設定を何度もしている技術者のおすすめするレンタルサーバーと、インフラを知らないブロガーのおすすめするレンタルサーバー、どっちを選びますか?

私は今もエックスサーバーを使っていますよ!

広告

広告