mathpython thesaurus

広告

Ubuntu に pyenv を利用して Python をインストールする

Ubuntu 18.04 LTS に Python をインストールする方法。Python のインストールは基本的に pyenv を使う。

準備

Python をインストールする前に次のパッケージをインストールする。

sudo apt install -y gcc make build-essential libssl-dev libffi-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev xz-utils tk-dev libxml2-dev libxmlsec1-dev liblzma-dev

git をインストールする

sudo apt install -y git

git で pyenv をダウンロードする

git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv

ダウンロード先は ~/.pyenv にする。この設定は pyenv 公式が掲載しているもので、おそらく一番無難である。

.bash_profile に pyenv の設定を書く

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

この時点で pyenv がインストールされる。pyenv のバージョンは次のように確認する。

pyenv -v

上の echo なんたらというコードは .bash_profile を sudo vi ~/.bash_profile で開いて

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

を入力し、ファイルを保存した後、source ~/.bash_profile で設定を更新することと同じ。ちなみに .bash_profile も pyenv 公式が掲載したもの。

Python をインストールする

pyenv を利用して Python をインストールする。下のようにバージョンを指定する。

pyenv install 3.7.7

インストールした Python をコンピューター全体で使う

この段階では pyenv で Python をインストールしたにすぎない。3.7.7 をコンピューター全体に認識させるには

pyenv global 3.7.7

とする。

Python のバージョンを確認する

python --version

おそらく 3.7.7 と出力される。

pyenv-virtualenv などは不要

python そのものが仮想環境の作成コマンド venv をもっているため、仮想環境系のパッケージは不要。

広告

広告