mathpython

広告

Python 集合に要素や集合を追加する(add・union・updateと和集合を表す演算子)

Python の集合に要素を追加するには add を使います。

a = {'apple', 'lemon'}
b = {1, 2, 3}

a.add('grape')
b.add(5)

print(a)  # {'apple', 'lemon', 'grape'}
print(b)  # {1, 2, 3, 5}

追加して要素が重複するときは、その要素は追加されません。

a = {'apple', 'lemon'}
b = {1, 2, 3}

a.add('apple')
b.add(2)

print(a)  # {'apple', 'lemon'}
print(b)  # {1, 2, 3}

a はすでに apple を持っていますが、apple を追加しようとしても追加されず、エラーも起きていません。

Python で集合に集合を追加する

集合に集合を追加するには | や union を使います。

a = {'apple', 'lemon'}
b = {1, 2, 3}

c = a | b
d = a.union(b)
a.update(b)

print(c)
# {1, 2, 3, 'apple', 'lemon'}

print(d)
# {1, 2, 3, 'apple', 'lemon'}

print(a)
# {1, 2, 3, 'apple', 'lemon'}

| と union はもとの集合を変えず、結合した集合を返します。update はもとの集合を変えます。最初の棒は集合の足し算(和集合)を表します。Python は集合の演算をいくつか用意しています。

広告