mathpython

range:整数の範囲や等差数列をリストにする

連続した整数のリストはrangeという関数で自由に作ることができます。

a = range(5)
b = range(3, 7)

for k in a:
    print(k)

# 0
# 1
# 2
# 3
# 4

for k in b:
    print(k)

# 3
# 4
# 5
# 6

range(5)は0から4までのリストです。rangeの引数が1個しかないとき、range(n)は0からn-1までの連続した整数のリストになります。

range(3, 7)は3から6までのリストです。第一引数は最小値、第二引数は最大値から1引いた数をそれぞれ表します。7は要素数が7個という意味でなく、7-1=6を最大値にするという意味です。

等差数列

rangeに3つの引数をもたせるとき、第一引数は最小値、第二引数は最大値から1引いた数、第三引数は公差を表します。

a = range(3, 19, 2)

for k in a:
    print(k)

# 3
# 5
# 7
# 9
# 11
# 13
# 15
# 17

19が出力されていないことに注目してください。この等差数列は18を最大値とするので、17で止まっています。

広告

教育総合サイト

高校化学専門サイト

色辞典

数の辞典