mathpython

リストの結合:足し算とかけ算の記号でリストをつなげる

Pythonのリストはプラスが結合を意味します。

入力

a = ['apple', 'grape', 'lemon']
b = ['banana', 'orange']
c = a + b

print(c)

出力

['apple', 'grape', 'lemon', 'banana', 'orange']

リストを三つ足すことも。

入力

a = ['apple', 'grape', 'lemon']
b = ['banana', 'orange']
c = ['melon', 'peach']
d = a + b + c

print(d)

出力

['apple', 'grape', 'lemon', 'banana', 'orange', 'melon', 'peach']

Pythonのforとrangeを使って同じリストを複数回つなげることも可能です。リストは中かっこのみで初期化を宣言できます。

入力

a = ['apple', 'grape', 'lemon']
b = []

for n in range(5):
    b = b + a

print(b)

出力

['apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon']

aというリストが5つ結合されています。同じものを何回も足すことができるということは、リストをかけ算できるということでしょうか?その通りです。下のコードで、要素のないリストをかけ算しても、要素のない空のリストが返ることに注目してください。

入力

a = ['apple', 'grape', 'lemon']
b = []
c = a * 3
d = b * 3

print(c)
print(d)

出力

['apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon', 'apple', 'grape', 'lemon']
[]

広告

教育総合サイト

高校化学専門サイト

色辞典

数の辞典