mathpython thesaurus

NumPyでベクトルの足し算と引き算を行う

NumPy はベクトルと行列の計算に特化した Python のライブラリです。NumPy のベクトルは array で定義します。ベクトルの足し算はプラスの記号を使います。

import numpy as np

a = np.array([2, 5, 8])
b = np.array([1, 4, 7])
c = a + b

print(c)  # [ 3  9 15]

数値の足し算とほとんど同じです。続いてベクトルの引き算。

import numpy as np

a = np.array([2, 5, 8])
b = np.array([1, 4, 7])
c = a - b

print(c)  # [1 1 1]

次元の違うベクトルを足そうとするとエラーになります。

import numpy as np

a = np.array([2, 5, 8])
b = np.array([1, 4, 7, 10])
c = a + b

print(c)
# ValueError: operands could not be broadcast together with shapes (3,) (4,)

ValueError になりました。