mathpython thesaurus

広告

Python(Django)でGoogle Cloud Storageを使ってアップロードしたい時は「ストレージ管理者」にする

Googleの管理画面で認証すると、jsonファイルが作られる。このファイルにはプロジェクトのIDなどが書きこまれている。

このjsonファイルを読みとって使いこなすためには、jsonを作る際に、「権限」をストレージの管理者にすること。

手順まとめ

  • 左のバーから「APIとサービス」を選ぶ
  • 「認証情報」を選ぶ
  • 認証情報を作成という青いボタンを押す
  • サービスアカウントキーを選ぶ(上にAPIとかあるが無視)

サービスアカウントキーの設定手順に入る

  • 新しいサービスアカウントを選ぶ→いろいろ入力する画面になる
  • サービスアカウントにアルファベットと数字でできた文字列を入れる。自分のよく知っている名前などでいい。
  • jsonを選択
  • 作成を押す(ここでは役割はまだ選択しない)

すると「サービスアカウントが割り当てられていません」という選択画面が出る。その下にいろいろな権限一覧が出ている。その中に

ストレージ

がある。それをクリックするとさらに4つの候補が出る。ここが厄介で、適当に選ぶと後で自分の書いたコードがうまく働かないことに絶望することになる。素直に

ストレージ管理者

を選ぶ。おそらく一番権限が重いが、アップロードと削除を自由に行うときはこれを選ぶ。

広告

広告