mathpython thesaurus

広告

DjangoをDEBUG=Falseでデプロイできない:Server Error (500)が出る時の原因

DjangoをDEBUG=FalseでデプロイするとServer Error (500)が出ることがある。この時に確かめることは下の通り。

  • ALLOWED_HOSTSに実際のドメインが入っているか→ローカルホストだけだともちろんエラーが出る
  • アスタリスク()が入っていないか→は直接悪さをするわけではないが推奨されない
  • whitenoiseをきちんと設定していない

whitenoiseについては今調べているので後で追記する。

アスタリスクでは治らない

ドメイン名が書かれている場合、アスタリスクにしても当然治らない。アスタリスクはワイルドカード、つまりなんでも受け付けることを意味するが、アスタリスクにしてもダメということは、ALLOWED_HOSTSに原因はないということ。

サーバーエラーが出たらとりあえずアスタリスクにしてみる。原因がALLOWED_HOSTSにあるかないかでその後の対処法は変わる。

静的ファイルのディレクトリを読み取れていない可能性

正直今は混乱しているので、ここは間違った情報かもしれない。サーバーエラーが起きるのは、サーバー側のデバッグモードをオフにしたDjangoがStatic Assetsをきちんと読み取っていない可能性が考えられる。

whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddleware

なぜ静的ファイルを疑ったかというと、デバッグモードをオフにしたとき、cssファイルですら表示されなくなったから。ここで真っ先に考えることはWhiteNoiseMiddlewareというもの。

しかしMIDDLEWAREに

'whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddleware',

を追加しただけでは治らない。ただしこの行は必須のようだ。順番は

'django.middleware.security.SecurityMiddleware',

の次、それ以外よりも前がいいらしい。

ここまででもダメ。次に

STATICFILES_STORAGE = 'whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage'

を同じ設定ファイルに書く。しかしこれでもダメ。そもそもこのCompressedManifestStaticFilesStorageというのはオプションで、あってもなくもかまわないもの。

python manage.py collectstatic

python manage.py collectstaticが必要ということを知る。これは静的ファイルをアプリディレクトリ直下のディレクトリに集めるという処理だが、ここでなぜかエラーが出る。

この辺でスタックオーバーフローの情報もほとんど尽きてしまっている。静的ファイル関係はなぜか体系的におさえたページがなく、誤った情報もあふれているようだ。

STATICFILES_STORAGE = 'whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage'

STATICFILES_STORAGE = 'whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage'

が意外と問題となる。これがあると今度はローカルで動かなくなる。

最終的にわかったこと

ようやく治った。原因は一部のcssファイルに画像読み込みの何かが書かれていたことだった。つまり下のコードは完全に正解だったことになる。

設定ファイル

import os
import django_heroku
import dj_database_url

DEBUG = False

CLOUD = True

BASE_DIR = os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)))

SECRET_KEY = 'hsdkhfdjfruvdjncgljsieskjva45asefsaf8vjxnsjdbvjad'

ALLOWED_HOSTS = ['yourdomain.herokuapp.com', 'www.yourdomain.com', 'django_sendgrid', '127.0.0.1', ]

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'blog',
]

MIDDLEWARE = [
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    'whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddleware',
    'django.contrib.sessions.middleware.SessionMiddleware',
    'django.middleware.common.CommonMiddleware',
    'django.middleware.csrf.CsrfViewMiddleware',
    'django.contrib.auth.middleware.AuthenticationMiddleware',
    'django.contrib.messages.middleware.MessageMiddleware',
    'django.middleware.clickjacking.XFrameOptionsMiddleware',
]

ROOT_URLCONF = 'blog.urls'

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

WSGI_APPLICATION = 'blog.wsgi.application'

if not CLOUD:
    DATABASES = {
        'default': {
            'ENGINE': 'django.db.backends.postgresql_psycopg2',
            'NAME': 'yourdomaindb',
            'USER': 'postgres',
            'PASSWORD': '',
            'HOST': 'localhost',
            'PORT': '',
        }
    }
else:
    SECURE_SSL_REDIRECT = True
    django_heroku.settings(locals())
    DATABASES = {
        'default': dj_database_url.config(
            default='postgres://djshfendljncljdfvhl.compute-1.amazonaws.com:5432/dgkjdbcnskrhjvb'
        )
    }
    db_from_env = dj_database_url.config()
    DATABASES['default'].update(db_from_env)
    STATICFILES_STORAGE = 'whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage'

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.UserAttributeSimilarityValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.MinimumLengthValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.CommonPasswordValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.NumericPasswordValidator',
    },
]

LANGUAGE_CODE = 'en-us'

TIME_ZONE = 'UTC'

USE_I18N = True

USE_L10N = True

USE_TZ = True

STATIC_URL = '/static/'

STATIC_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, 'static')

# STATICFILES_DIRS = (os.path.join(BASE_DIR, 'static'),)

MEDIA_URL = '/media/'

MEDIA_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, 'media')

GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS = BASE_DIR + '/hflhrueghslakjncljadnvlu'

SENDGRID_API_KEY = 'uhgflncdsuhr547sklnclvhsijf84jfkjsdfjlsughdjfvs'

EMAIL_HOST = 'smtp.sendgrid.net'

EMAIL_HOST_USER = 'sjdfnajlshusirdvdnkjvlssru'

EMAIL_HOST_PASSWORD = 'djne57ajnlsdjshu'

EMAIL_PORT = 587

EMAIL_USE_TLS = True

sendgridも含めてこれがすべて。これで動く。

わかったこと

  • サーバーエラーはやっぱり画像関係だった。
  • STATICFILES_DIRSはいらない。
  • python manage.py collectstaticは必須。重要である。これですべての画像をアプリ直下のstaticディレクトリに集める。
  • STATIC_ROOTはきちんと設定する。
  • DISABLE_COLLECTSTATIC=1はサーバー側で設定する。
  • whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddlewareは必須。
  • STATICFILES_STORAGE = 'whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage'も必須。ただしローカルで動かないようにする。

海外のサイトを見て結局だめだった方法

DISABLE_COLLECTSTATIC=1を消せばいい→誤り。

STATICFILES_STORAGEはオプションで消しても問題ない→誤り。STATICFILES_STORAGEを消せばオッケーだよと言っている人は、自分の環境がローカルか本番か区別していないで言っている可能性が高い。実際は、本番で必要、ローカルで削除ということで問題ない。

wsgiにwhitenoiseを書く→誤り。whitenoiseは現在v4となっていて、wsgiに何かを追記する必要はまったくない。そんなことよりも設定ファイルのMIDDLEWAREにアレを書くことが重要。

広告

広告