mathpython thesaurus

広告

HerokuとDjangoでブログを作ろう!シリーズ

Ruby on Railsはとても素晴らしいフレームワークですが、Pythonにも強力なwebフレームワークがあります。それはDjangoです。

DjangoはすでにInstagramなどに使われており、Pythonのプログラマーだけでなく多くのweb開発者に支持されています。Pythonは科学、機械学習などで支配的なプログラミング言語になっていますが、Djangoが広まるにつれて、Pythonがwebでも有力な選択肢になりうる可能性が出てきました。

このシリーズではPythonの中級者に向けて、Pythonを使ったwebアプリ(サイト)の開発をコンパクトに解説していきます。

対象:Pythonの基本的な文法を知っていて、これからDjangoでwebアプリを作ろうとしている方

目標:簡単なブログサービスを作る

作りたいもの

このシリーズではアメブロのようなブログを作っていきます。サイトにはログイン機能があり、ユーザーはブログを書いて更新します。他のユーザーは読んだ記事に「いいね」し、自分が「いいね」した記事を後で読めるようにします。今回はフォロー機能やグループ機能はつけません。

トップページにはその日に書かれた新着記事がのり、カテゴリーアーカイブにはカテゴリーに属する記事一覧が表示され、ユーザーのホーム画面にはユーザーが書いた記事一覧が表示されるものとします。また、検索画面と検索結果を表示します。

さらに、国際化を考えている開発者が多くなっているため、多言語に対応したサービスを考えてみましょう。英語のユーザーには英語の記事、フランス語のユーザーにはフランス語の記事をトップページや検索結果に表示させることにします。

本番環境まで説明!

開発は稼働と更新もひっくるめて開発です。このシリーズではドメインの運用、Herokuサーバーへのデプロイ、SEO対策といったレベルまで踏みこんで解説していく予定です。

ここで開発したブログは実際に運用する予定です。Pythonなどのプログラマー向けに特化したミニブログとして継続していきます。

シリーズ

随時更新中!

広告

広告